自動車保険 通販型 おすすめ

自動車保険は通販型がおすすめ@お得な保険を発見

 

自動車のネット保険の見積もりを取る方法

自動車保険 見積もり

自動車 ネット保険 料金

自動車 保険 見積もり

自動車 ネット保険 安い

 

 

自動車保険には店舗型保険とネット保険があります。

 

店舗型保険は担当者の顔が見えるので何かの時に安心というメリットがありますが、その分人件費や物件の家賃などかかかるため、ネット保険より保険料が高めになります。

 

保険料はできれば安いほうがいいなら、同じ条件で一度に見積もりが取れる一括見積もりサイトをご利用ください。

 

 

同じ補償内容なら、保険料が安いほうがうれしいと思いませんか?
でも、何度も見積もりを依頼するのは面倒ですね。

 

でも今は、あなたの年令やノンフリート等級、免許証の色、車種などを1回入力すれば、複数の保険会社からの見積もりが簡単に取れます。

 

相場はもちろん、1番安い自動車保険会社を難なく見つけることができます。

 

 

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険 賠償

 

自動車保険の説明を読むと専門用語が多くて、わかりにくいですね。
しかしいくつかポイントを抑えるとわかりやすくなります。

 

まず、自動車任意保険には大きく分けて4種類の補償があります。
1)対人賠償 2)対物賠償 3)人身傷害 4)車両保険です。

 

それぞれどんな補償なのでしょう?

 

1)対人賠償:契約車で他人を怪我・傷害・死亡させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に、事故の相手の治療費や慰謝料などを補償するもの。
契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

2)対物賠償:契約車で他人の車や壁、電柱などを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するもの。
契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

3)人身傷害:契約車に乗車中に起こした事故で、自分・同乗者が怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4)車両保険:契約車が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限です。
車両保険には補償範囲の広い「一般型」と補償範囲が限定された「エコノミー型」があり、これらは保険料が異なります。

 

これらの補償の内容をいくらにするか設定して、さらに上乗せや特約などを付加して、自分にピッタリの自動車任意保険にカスタマイズしていくのです。

 

任意保険の補償の設定額

 

自動車保険 賠償額

 

上記のように任意保険には大きく分けて4つの補償があることがわかりましたね。

 

そしてこの@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をそれぞれいくらで設定するかによって、月々の保険料が変わります。
オススメは以下の通りです。

 

1:対人賠償は無制限で契約しましょう。 
2:対物賠償は無制限で契約しましょう。 
3:人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
4:車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

それぞれを細かく見ていきましょう。

 

1:対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手をもし死傷させた場合、数億円の賠償命令が出ることもあるので、万が一に備えて対人賠償は「無制限」で契約しておきましょう。
自分の将来に関わることです。

 

2:対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車の修理費だけでなく、カードレール・信号機などの修理が必要になった場合は工事費もかかるため非常に高額になります。
もしもの時に備えて、対物賠償も「無制限」で契約しておきましょう。

 

3:人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
自分の怪我に対する賠償ですが、相手が無保険の場合もあります。大きな怪我の場合、復帰するまでに相当の費用がかかることもありますので
人身傷害は最低限でもいいのでつけておくと安心です。 

 

4:車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。ローンが残っている車は加入しておくと安心です。

 

補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。